O脚矯正・日常生活編

O脚を治す椅子の座り方選び方

O脚を治す椅子の座り方選び方

椅子に座る場合と床に座る場合とでは、姿勢は全く異なるわけですが、O脚を治すあるいは予防するという点で注意するところは同じです。

まずO脚の原因となる、悪い椅子への座り方をご紹介します。
それは、脚を開いて足首を交差させる座り方、あるいは膝をくっつけて足先を開いたり椅子に絡ませたりするような座り方です。
また、脚を組んで椅子に座るのは、骨盤のゆがみを生じるため、O脚の原因になり、悪化にも繋がりますのでやめましょう。
O脚の治すためには、重心の負荷が一箇所へ集中するような座り方をせずに、バランスを良くして負荷を分散させるような座り方をすることが重要です。

椅子の座り方と言うのは習慣ですから、最初は慣れないときつく感じるかもしれませんが、O脚の治し方としては、こういった日常生活の中での座り方を習慣づけることがとても大切になります。
慣れてしまえば、そんなに苦になることではありませんので、頑張って習慣付けるように努力しましょう。

最後に、椅子の選び方をご紹介します。
O脚の治すために一番良い椅子は、座ってみて足首の角度が90度になる高さの椅子です。
高さを調節できる椅子は、そのような高さに調節しましょう。
そしてその椅子に、背筋をしっかり伸ばして、両足と両膝をそろえて座るというのが一番です。
少し疲れてきたら、足と膝を等間隔で少し開いて緊張をほぐすのが良い方法です。
        

ホーム RSS購読 サイトマップ