O脚を治す立ち上り方

O脚を治す立ち上り方

O脚を治す立ち上り方

私たちは普通、立ち上がる時の動作というのは、あまり気にしません。
手を突いたり、足のどこかに力を入れたり、必ずどちらか一方の足から立ち上がるなど、あまり意識せずに、子供の頃からの癖のまま立ち上がります。
実はこんな簡単な動作の積み重ねが、O脚の原因になったり、また治し方にもなるのです。

座り方などには注意をしているけど、立ち上がる時にはあまり気にせずに変な体制で立ち上がっている人も結構いるのではないかと思います。
何気なく行っているので分からないのも当然ですが、人間は立ち上がる時に相当な負荷を脚にかけています。

O脚においては、この負荷のかけ方が重要ポイントになり、脚の形を左右することにもなるのです。
へたをすると、立ち上がり方が悪いために、他のO脚の治し方を全て無駄にしてしまうことにもなってしまいます。
特にお年寄りの方は脚力が落ちていますので、立ち上がるという動作には注意をしてください。

O脚の治し方につながる正しい立ち上がり方というのは、膝とつま先を共に正面へ向けて、前方に進むような感じで立ち上がります。
上半身を真っ直ぐにしたままで、両膝の力で立ち上がるのがポイントです。
膝の力と言うと、一見、膝に大きな負担が掛かるように思われますが、重心が真っ直ぐになっていれば、膝にはさほど力が掛からないのです。

この立ち上がり方は、バランスをキープするだけでも負荷がかかるので、高齢者の方には、ちょっとつらいかもしれません。
しかし、O脚によって体調が悪化するよりも、ちょっとつらくても頑張ってO脚を矯正する方が楽と考えてください。
        

ホーム RSS購読 サイトマップ