O脚を治す立ち方座り方

O脚を治す立ち方座り方

O脚を治す立ち方座り方

O脚にならないヨガのような座り方

鏡に映った自分の脚を見て、はっきりO脚だと判断できるような状態か、またO脚によって身体に弊害や悪影響が起こっている事を自覚しない限り、なかなかO脚の治し方を知る機会がないというのが普通だと思います。

しかし、毎日の生活の中で行っている立つとか、座るといったアクションの中にも、O脚を矯正する、あるいは予防する、立ち方や座り方があります。
まず真っ直ぐ立つ時は、必ず足先を揃えて立ちましょう。
簡単なことですが、これだけでO脚の矯正・予防になるのです。

もし完全に足先を揃えるのが苦しい状態でしたら、ほんの少しだけ足先を広げて立つようにしてみましょう。
いつも気をつけて、だんだんとこれを習慣づけるだけで、少しずつO脚が改善してきます。
逆に足先を広げて立つというのは、いわゆるがに股で、O脚の要因になってしまいますので、気をつけてください。

日常生活の中で特にO脚と関係が深いのが、座るという動作です。
幼少の頃に覚えてしまった座り方は、その後大人になってからも、老後までもずっと習慣として残ってしまいます。
ですからO脚の原因になるような姿勢の座り方を覚えてしまったら、間違いなくそれでO脚になってしまうのです。

ではO脚の原因となってしまう座り方とはどんな座り方でしょうか?
まず基本的に、床に長時間座るというのは避けた方が良いです。
床に長時間座っていると、どうしても人間は左右のどちらかに重心を移しながら、リラックスした状態を維持しようとします。
そのような崩した状態での長座が、O脚の原因になってしまうのです。

そして、最もO脚の原因となる悪い座り方が、女性がよくやる、左右どちらか一方に脚を曲げて座る「横座り」と、両足をお尻の横に置いて座る「ペチャンコ座り」です。どちらも骨盤のバランスを悪くさせる、非常に悪い座り方なのです。

ではO脚を直す、あるいは予防する座り方は、どんな座り方なのでしょうか?
基本的に良い座り方とは、一箇所に体重がかからずに負荷が分散するような座り方です。
お尻を真ん中に置く事を意識した座り方、例えばヨガなどにも用いられるような、両脚を真っ直ぐ前に投げ出して、お尻の後ろに手をつく座り方などは、とても重心のバランスが良い座り方です。
このまま長時間は座っていられないので、床に座るときはリラックスするよりもO脚にならないようにと割り切って、我慢して座るようにしましょう。
        

ホーム RSS購読 サイトマップ