O脚を治す歩き方

O脚を治す歩き方

O脚を治す歩き方

O脚にならないきれいな歩き方

普段歩くときの動作がO脚に影響するということは、あまり考えないかもしれませんが、歩くと言う動作は、その一歩一歩が脚に対してかなり大きな衝撃を伝える動作ですので、歩き方次第でO脚の原因にもなりますし、またO脚の治し方にもなるのです。

まずO脚になりやすい、更に悪くしてしまう歩き方は、つま先を外側に向けて歩くという、いわゆる、がに股歩きです。
こういう歩き方をしていると、足首がねじれて、股関節や膝関節の歪みにつながります。

また、逆にモデルのような歩き方も、実際に歩いてみると太腿同士が擦れて、ももが内側に向いてしまいますし、膝も内側に向いてしまいますので、身体には悪い歩き方なのです。
モデルの場合は、職業として商品を魅力的に見せるためにわざとああいう歩き方をしているだけで、普段まねをしても、体形がきれいになるわけではありません。

では次に、O脚の治し方ともいえる、正しい歩き方をご紹介します。
O脚を治すための正しい歩き方は、背筋を伸ばして、つま先を真正面に向けて、足はかかとから下ろすようにします。
足を上げるときには、親指に少し力を入れて地面を蹴るようにします。
脚を上げるときも、真っ直ぐ正面へ向けて上げるようにします。
歩幅はあまり広くせずに、下ろす足が常に直線上になるようにして歩きましょう。

実際にやってみると、ちょっと行進しているような感じがして違和感があると思います。
常に意識して歩かないと、なかなかこういった歩き方にはなりませんので、O脚を治すんだという気持ちを持って、継続するように心がけてください。

ヒールパットとインソール

        

ホーム RSS購読 サイトマップ