O脚と身長の関係

O脚を治すと身長が伸びる

O脚を治すと身長が伸びる

O脚と身長

O脚を治すと身長が伸びるという話を聞いたことがある方もたくさんいらっしゃるのではないかと思います。

 

普通は大人になってから身長が伸びることはありません。
骨自体の成長が止まっているからです。
しかし、本来の長さに見えていないことはあります。

 

しわになった紙を伸ばすと広がるように、ねこ背を矯正して背筋を伸ばすと本来の高さに戻ります。

 

O脚は、脚の骨自体が曲がっていることはほとんど無くて、関節を軸にしてねじれていることが多いものです。

 

図のように、骨の長さは同じでも、関節を中心に屈折しているぶん、上下は短く見えています。
O脚を治して真っ直ぐな状態に近くなるほど、元々あるはずの身長になる、つまりO脚を治すと身長が伸びるというのは間違いではないのです。

 

O脚の程度やねじれ方によっても個人差がありますが、大体3cm前後はO脚によって身長を損していると思ってよさそうです。

 

しかも日本人はただでさえ脚が短いと言われているのに、更にO脚でその脚の長さを損しているわけです。

 

O脚の方は、脚だけ今より3cm長くなると想像してみてください。
しかも真っすぐになって。
ずいぶん印象も変わると思いませんか?

 

O脚は治せますので、是非1日も早く始めてください。

        

ホーム RSS購読 サイトマップ