O脚が原因による関節痛

O脚が原因による関節痛

O脚が原因による関節痛

O脚の人は、体重が脚の内側により多くかかるため、膝関節に痛みが来るというのは分かりやすい話と思います。
実際O脚の場合、膝が変形していて通常とは違う負荷のかかり方をするため、大変痛みやすい部分です。

腰の痛みのところでもお話しましたが、重心のバランスが崩れると、身体のあちらこちらに悪影響が出てきます。
膝関節を痛めると、それをかばうためにいろんな動作や姿勢が更に不安定になります。
そうすると身体全体のバランスが大きく崩れて、知らないうちに他の箇所にも更なる負担がかかってきます。
その結果、負荷の掛かりやすい身体中の各関節に炎症や腫れなどが発生したり、骨がずれて、痛みが発生してしまうということが起こります。

相撲取りが、怪我をした左足をかばっていたために、今度は右足を痛めてしまったという話も珍しくありませんが、あれは私たちの日常生活の中でも起こる普通のことなのです。

このO脚が原因となっている関節痛は、脚や腰の周りだけではなくて、首や肩、背中といった上半身にまで及んできます。

上半身の痛みの場合は、なかなかO脚が原因とは考えづらいですから、普通のマッサージ治療などで終わってしまうケースが多いでしょう。
しかし根本がO脚によるバランスの崩れにありますので、結果的に良く分からないまま、なかなか治らず治療を続けることになってしまいます。
O脚の人は、上半身の関節痛が発生したら、まず身体全体のバランスの崩れを疑ってみましょう。
そしてO脚の矯正を行うことをお奨めします。
        

ホーム RSS購読 サイトマップ