O脚と骨

すねや膝の骨が曲がっている人

すねや膝の骨が曲がっている人

O脚の歪み

タイトルを見て、「私のこと」と思った方が大勢いらっしゃると思いますが、そんなにいるはずがありませんので、安心してください。

O脚の人が立っている姿を正面から見ると、大腿骨(だいたいこつ、太ももの骨)や、脛骨(けいこつ、すねの太い骨)が曲がっているように見えます。
特にひざ下O脚の場合は、脛骨がひどく曲がっているように見えます。

しかし、多くのO脚、特に若い女性のO脚は、これらの骨そのものが曲がっていることはなくて、骨盤が開いていたり、股関節を中心に向きが変わって、ねじれているのが実態です。
ひざ下O脚は、膝関節(ひざかんせつ)が大きくねじれていますので、矯正に時間がかかると言われるのです。
つまり、骨が曲がっているというよりも、脚全体の骨格がゆがんでいるのが、多くのO脚の正体です。

おまけに、O脚になると、脚の外側に筋肉が付いてアンバランスになりますので、余計に骨が曲がっているように見えるのです。

本当に骨が曲がっているケースは、男性や年配の方に見られますが、この場合は、O脚矯正で改善するのはゆがみの部分だけですので、真っ直ぐになることは、残念ながらありません。
しかし、ゆがみを改善するだけでも、ずいぶん印象が変わるはずですよ。

このように、骨格のゆがみを治せば、O脚は改善します。

更に、骨格を支えているのは周りの筋肉ですから、筋肉のつき方も、ストレッチやトレーニング、普段の歩き方などで変えていくことで、矯正された骨格が元の歪みに戻らないように、維持することが出来るのです。

逆に言うと、ストレッチやトレーニングで筋肉のつき方や使い方を変えることから、O脚を治すことも可能です。
この場合は、元に戻ることもほとんど無いでしょう。

まずは自分のO脚の状態を正しく把握することからです。
骨は変形していないということを理解するだけでも、少し安心するのではないでしょうか?

そして正しい方法で骨格のゆがみを治していくのです。
ほとんどのO脚は、必ず改善できます。

歳をとってからよりも、身体が柔らかい若いうちに矯正したほうが良いですよ。

        

ホーム RSS購読 サイトマップ