変形性膝関節症とO脚

変形性膝関節症とO脚

変形性膝関節症とO脚

老人のシルエット

変形性膝関節症とは、膝の軟骨や半月板が緩んだり、変形してすり減ったりすることで、炎症を起こしていわゆる「水」が溜まったり、痛みが出たりする病気です。

 

水の正体は関節液というもので、炎症によって過剰に作られます。
軟骨や半月板には神経が無いので、なかなか気が付かずに酷使してしまい、ひどくなるケースが多いようです。

 

男女の割合で言うと女性の方が男性よりも1.5倍くらい多く、年齢が上がるほど女性が多くなるそうです。
女性に多い理由ははっきりしていませんが、女性特有のホルモンなどに関係しているのかもしれません。

 

加齢によって原因もよく分からずに発症するケースもありますが、ほとんどは膝の一部に偏った負担がかかり過ぎたことが発症のきっかけになります。
肥満による体重の増加や怪我による場合もありますし、歳を取ってから無理な運動を続けたことが原因になる場合もあります。
そして、O脚の場合は、膝関節からすねにかけてが外側にねじれているので、膝関節の内側に負担がかかります
そのためO脚も、変形性膝関節症の原因になり得ます。

 

O脚で変形性膝関節症と診断されたのであれば、関連性はあると思った方が良いでしょう。
病気が進行するとO脚やX脚がひどくなることもあります。
O脚を治して、膝に均等に力がかかるようになれば、変形性膝関節症の治療にもつながりますが、無理をしないようにしてください。

 

漢方薬で治療したり、注射で治療したり、手術という方法もあります。
医師とよく相談して、治療方針を決めるようにしてください。

        

ホーム RSS購読 サイトマップ